八重瀬カラフルベジタブル

八重瀬町のみなさんにインタビュー

ハルハウス 喜屋武 信子 さん

ハルハウス喜屋武 信子 さん

昔から食べられていたお菓子「紅芋ふぁちゃふぁちゃ」

昔から食べられていたお菓子「紅芋ふぁちゃふぁちゃ」

「主人のお母さんが作っていたそうなんですよ。」とお話しするのは、2017年にオープンした八重瀬町の観光情報拠点施設「南の駅やえせ」で店舗を構えるHalu Halu洋菓子店店長の喜屋武信子さん。
同店舗では、アイスクリームをはじめ、紅芋を使用した洋菓子や「紅いもっちー」というユニークな商品を扱っている。
そんな中で「紅芋ふぁちゃふぁちゃ」という商品が地域をはじめ、同駅を訪れる観光客に人気だ。同菓子は、紅芋の生産でも有名な八重瀬町の家庭で昔から食べられていたお菓子ということで、その味を商品として再現したという。

きれいな色と独特の触感、そして程よい甘み

八重瀬町産の紅芋を使用していて、その美しい紫色が目を惹く「紅芋ふぁちゃふぁちゃ」。芋を揚げている時の音が「ふぁちゃふぁちゃ」と聞こえることから由来しているとのこと。
薄くスライスされた紅芋を揚げている商品は、ほんのり感じる塩味が紅芋の甘みを引き立てる。また触感も軽く、一度食べると病みつきになってしまう。
当初は店舗にいても不安だったという喜屋武さんですが、「お客さんから美味しかったよ。」と言われるようになり、自信につながってきたという。

きれいな色と独特の触感、そして程よい甘みり

様々な事に挑戦していきたい

様々な事に挑戦していきたい

「最近では起きている間はずっと芋のことを考えているんです。」と言うほど、ご主人の紅芋への愛情も深い。 もともとお菓子を専門に扱う会社で務めていたご主人も含めて、これからは色々な事に挑戦していきたいと考えているとのことで、夏場までには紅芋を使った沖縄ならではのぜんざいも作ってみたいとのこと。
小さなお子様から幅広く愛される「紅芋ふぁちゃふぁちゃ」は、旧具志頭市役所にオープンしている南の駅やえせ内でお買い求めいただけるほか、同駅内にあるHalu Halu洋菓子店では様々なスイーツもお楽しみいただけるので、ぜひお立ち寄りいただきたい。

その他のインタビューを見る