八重瀬カラフルベジタブル

八重瀬町とは?

田園と都市が共生するまち

八重瀬町風景

沖縄本島南部に位置する八重瀬町は、平成18年1月に東風平町と具志頭村の2町村が合併して誕生したまちです。

特産品にはサトウキビがあり、全体的に豊な土壌に恵まれ、古くから農業の盛んなまちとして発展し続けています。また、沖縄戦跡国定指定公園になっている南部は、多々名城や八重瀬岳、具志頭城跡、ぐしちゃん浜など深い緑と美しい海辺を有する地域で、優れた海洋景観も呈しています。

近年は、北部地域で基幹道路の国道507号拡張や同バイパスの整備、区画整理事業など都市化が進み、田園と都市が共生するまちとして日々変ぼうしています。

八重瀬町風景