カラベジ 八重瀬カラフルベジタブル

イベント情報はこちら
scroll
イベント情報はこちら

八重瀬町は多彩な人々が暮らす町

明るく元気でエイサー好きなニィニィとネェネェ
ムラアシビーが大好きなやえせっ子
ユンタク好きで朗らかなオバちゃん
無口だけどオジさんは野菜作りの名人
旧暦が生活に溶け込んでいるウミンチュ
「カメーカメー」と料理好きなおばぁ
全てを照らすティダヌファ
まちは人々の多様性を尊重し、
大きく包みこんでくれます。

多彩な人々が暮らす町

八重瀬町は多彩な野菜がたくさん採れる町

香り豊かでジューシーなマンゴー、ドラゴンフルーツ
夏はオクラ、ぐしちゃんいい菜、島野菜たち
太陽の日差しをたっぷり浴びて、
カラフルな野菜・果物が顔を出します。
実りの時期の色鮮やかな紅芋
沖縄一のピーマン
冬の小菊は幻想的
豊かな土、水、自然があるから
野菜も豊富に実ります。
そんな野菜や果物たちに習って、
私たちも日々の暮らし中に
彩りと元気、楽しさ、面白さ
そしてパワーを届けたいと思います。

「カラフル」とは
八重瀬町のいいもの!

多彩な野菜がたくさん採れる町

八重瀬町カラベジプロジェクトとは?


ピーマン、紅芋、オクラ、マンゴー、ドラゴンフルーツなど色鮮やかな野菜「カラベジ=カラフルベジタブル」を活用して、
1.楽しい食のイベントやフェアを通じた生活者との接点づくり
2.モノづくり
3.これらを組み合わせた情報発信、を基本軸にカラベジブランドを構築して八重瀬町のイメージアップと地域経済の活性化を結びつけること。
これがカラベジプロジェクトです。
平成21年からスタートしたカラベジプロジェクトはこれまでの「特産品づくりから、ブランドづくりへ」と目標はとってもビッグ!
単にモノを作って販売するだけでなく、町の魅力も一緒に売って「知名度が上がる」→「モノが売れる」→「知名度が上がる」というサイクルを生み出すため、時間はかかるけれどじっくり活動しています。

八重瀬町とは >>

Movies
八重瀬町から野菜が届きました!
カラフル家族〜沖縄県・八重瀬町編〜

ラベルも可愛くなって、
新しい仲間が増えました!

カラベジに新しい仲間が増えました。見た目も可愛く新登場!美味しい、楽しい仲間たちが、カラベジをもっと彩ってくれます。

八重瀬町産ギフト御贈品(うくいむん)では地元(八重瀬町)の良質なモノにこだわった農産物や加工品食品を揃えております。
大切な方や、お世話になった方への贈り物としてご利用ください。

御贈品オンラインショップへ

八重瀬町のみなさんにインタビュー

色鮮やかな「カラベジ」が町を活気づけ始めました。太陽の光をたっぷりと浴びた作物を目にするとワクワク元気な気分になりませんか。きっとそれがビタミンカラーの持つ不思議な力です。八重瀬町にはそんなパワーのある色鮮やかな「カラフルベジタブル」が沢山あります。

カラベジの取り組み

このプロジェクトは平成21年度からスタートしました。当初はカラフル野菜を活用して、町内メーカーが商品開発をして、物産展などへ出展するという、いわゆる従来の特産品づくりに取り組んでいました。
次第に、農家やデザイナー、飲食店が加わっていき、まちぐるみの取り組みへと変化していきます。そして様々な企画が生まれました。

八重瀬町の主要農産物

八重瀬町は特に農業が盛んで、基幹作物であるさとうきびを中心に、野菜や果樹、花卉、また養豚、酪農、肉用牛など畜産業も盛んに行われています。マンゴー、紅芋、オクラ、ピーマン、いんげん、小菊は沖縄県の拠点産地に認定されています。
※拠点産地とは、組織力を持ち、「定時・定量・定品質」の出荷原則に基づき一定量の生産物を安定的に出荷し、消費者や市場から信頼されうる産地のこと。

ぐしちゃん朝市

八重瀬町では、毎週土曜日8時から12時まで「ぐしちゃん朝市」を開催しています。市場には地元の事業者のみなさんが作った、色とりどりの地元の野菜や、その野菜を素材とした加工品がたくさん並びます。カラベジ推奨品の販売も行っております。
元々、農協の軒下で細々と小さな朝市を行っていましたが、出店している方々の楽しそうな姿と、「カラフルべジタブルプロジェクト」の流れにのって、準備委員会を設立し、半年をかけて実現することができました。

日時:毎週土曜日8時~12時まで
場所:沖縄県字具志頭659番地(役場本庁舎駐車場)